MAISON by e.m.a

STAFF

大下 貴紀 Takanori Oshita

オーナースタイリスト

1977年 愛知県生まれ(39歳)
愛知美容専門学校を卒業後、名古屋市栄のトップサロンe.m.aに入社、23歳でカットデビュー1年で月間指名数200名という異例の結果を認められ若干26歳という若さで店長に就任、その後も月間指名数を伸ばし300名の指名数となる サロンワークだけにとどまらず、20代はcamcan,jj,30代になりBAILA,VERY,美STORYなどの雑誌を担当する。 30代になった頃から、お客様の髪の変化を感じいいヘアーデザインは、健康で若々しい地肌(素材)が大切だと感じ、 髪質改善エイジングケアをコンセプトとしたサロンをオープンする事を決意する。

渡邉 大樹 Daiki Watanabe

トップスタイリスト

1984年 愛知県生まれ(32歳)
20代に東京表参道でカットを学び現在多くの大人女性から支持を得る。乾かすだけで決まるその人に合ったワンランク上のカットスタイルと徹底した毛髪知識、トレンドからくる計算されたヘアスタイルがその理由であり、担当しているお客様のリピート率は90%を超える。特にoggi、VERY世代からの支持が高く、削ぎでごまかさない正確で計算されたきれいなカットと日本人の嫌う赤味、オレンジ味を消す独特のカラー技術が支持の理由である。それらの高いヘア技術と裏づけされた毛髪知識、トレンド力が認められ2015年“MAISON by e.m.a”オープニングメンバーとして選ばれる。